ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

cento-シエント- 福祉と表現にまつわる研修会

cento-シエント-チラシ

2022年1月20日木曜日、2月17日木曜日、3月17日木曜日各日13時から15時(要予約)

「どうしたらもっとこの方の魅力を伝えられるかなあ」
「福祉と表現のこと、誰かに相談してみたい! 話をきいてみたい!」
福島県内の障がいのある方の表現活動を支援するご家族や施設職員、また関心のある方を対象に、「福祉と表現」をテーマとした研修会「cento-シエント- 福祉と表現にまつわる研修会」を開催します。

全 3 回のオンライン研修会では、全国で先進的かつ丁寧に現場で活動を行う方々に講師としてご参加いただきます。また、シエントでは双方向のやりとりを意識した「ワークの時間」や、閉会後の「交流タイム」を設けます。コロナ禍でつながりをつくりにくい現状でも全国のみなさんとつながることができる機会の一つになれればと考えています。

cento-シエント-1  自分たちの活動の現在地を知る

日時:2022年1月20日木曜日 13時から15時
講師:板垣 崇志(しゃかいのくすり研究所・るんびにい美術館アートディレクター)

「障害のある方との表現活動」とは、そもそも、どういうことなのでしょうか。また、それを支援したりサポートしたりするということはどういうことなのでしょうか。岩手県を拠点に活動をする板垣さんと一緒に、考えていきます。

cento-シエント-2 地域の中で活動を紡いでいく

日時:2022 年2月17日木曜日13時から15時
講師:高野 賢二、朝比奈 益代(クラフト工房 La Mano)

「クラフト⼯房 La Mano」は、東京都町⽥市の古⺠家で染めや織り、アトリエ(アート)、畑での活動などを⾏なっています。丁寧に紡がれるメンバーのみなさんとの関わりや⽇々の活動について、また地域の中での活動の展開やネットワークづくりなどについて、お話を伺います。

cento-シエント-3 表現や魅力を製品などにして伝える

日時:2022年3月17日木曜日13時から15時
講師:宮本 恵美、渡邊早葉(工房 集)

「工房 集」は、埼玉県川口市の福祉施設であり、社会福祉法人みぬま福祉会を利用するメンバーの表現を社会につなげるための活動拠点。今回は、表現をもとに製品を開発したことについてのお話を中心に、様々なエピソードやポイント、大切にしていることなどを伺います。

参加費

いずれも無料

対象

福祉と表現に興味・関心がある方、障害者支援施設等で表現活動のサポートに携わっている方、障害のある方等の表現活動に携わっている方をはじめ、どなたでも。(福島県内の方の参加を優先しますが、福島県外の方の参加も可能)

定員

各回 40 名(福島県内の方 20 名、福島県外の方 20 名程度) ※定員に達し次第、申し込みを締め切りますのでご了承ください。

参加方法

Zoom(交流のために講義以外の時間は、カメラオンでご参加ご協力お願いしております)
※連続しての参加が望ましいですが、単発での参加も可能です。
※参加にはパソコンまたはスマートフォンが必要となります。
※Zoomの使い方がわからない方や自信がないという方は、個別に相談にのることも可能ですので、ご連絡ください。

予約方法

申し込みフォームまたは、メールにてお申し込みください。

申し込みフォームはこちらから<外部リンク>

メールの場合
​下記1~10をはじまりの美術館(otoiawase@hajimari-ac.com)までメールにてお申し込みください。
※はじまりの美術館からの返信をもって申し込み完了となります。1週間以内に返信がない場合ははじまりの美術館へお電話等でお問い合わせください。

  1. 参加希望の研修会 
  2. 氏名 
  3. 所属 
  4. メールアドレス 
  5. 連絡先(携帯電話番号など) 
  6. 参加人数 
  7. 当日接続するパソコンやスマートフォンなどの台数 
  8. どんなことを知りたいか・どんな話を聞きたいかなどのリクエスト(あれば) 
  9. お住まいの都道府県 
  10. 手話通訳などの情報保障の希望

 

詳しくはこちらから<外部リンク>

チラシ [PDFファイル/243KB]